自分軸と他人軸を使い分け!?本当の私らしさとは by神童渓先生

考え方がぶれやすい方はここが足りない! 自分軸の考え方。

 

「自分軸」というと、なんとなく自己中心的なイメージがあがるかもしれません。

自分軸

しかし、そういう意味ではなく、物の考え方として、非常に大きな意味をもたらす、「自分軸」と「他人軸」というお話しをさせていただきます

これは性格的なものではなく、おとなしい人でも、自己主張が強い人でも、どの人でも必要な「考え方」のお話しです。

 

気持ちが不安定な人は本心とは違う状況に妥協していませんか?

 

私はいつも人に左右されてしまう。。。
という悩みを持っている方は結構いらっしゃいます。

落ち込む女性

恋愛においては、彼氏に振りまわされているとか、友人間では都合よく扱われているとか・・・

それはつまり、本心とは違う状況に妥協してしまうこと。なんですよね?

あなたはどうしたいんですか?と伺っても、「ん。。。それがよくわからなくて・・・」というお返事もかなり多いのです。

毎度、毎度、自分の意見をもみ消されていくと、自分の意見というものを持つことができなくなってしまいます。
これは時として、非常に恐ろしいことです。

どんな落とし穴にはまっても、あなた自身がしっかり自分の想いというものを持っていないことが原因で、いかようにも利用 されてしまうので注意してください。

 

「自分軸」を大切にするとは・・・

 

何にも感化されず、自分の意思を貫くことです。これは意見を曲げないとか、頑固者であるということではありません。

自分らしさ

「自分を持つ」ことなんです。
自分軸がない人は、些細なことですぐにグラつきます。

例えば、恋愛においては、彼と喧嘩をしたとします。
この喧嘩は、内容的にもいつものことであり、彼とは頻繁に衝突しているとします。
仲直りも、しっかり話し合うこともなく、いつの間にか仲直りしているふたりとします。

自分軸のしっかりした人であれば、この喧嘩があっても、毎度の事であり、喧嘩の原因を追究することなく、「いつの間にか仲直りするふたりなので、今回もそれでいつの間にかもとに戻るだろう・・・」と、彼が何かを言ってくるまで待つか、あるいは、自分から謝りながらも、近況報告などして、いつもの和解方向へ向かわせようとすることができます。

この場合の自分軸とは「私はどんなことが起きても、彼とは別れない」という軸であり、 「彼がどんな気持ちでいても、この喧嘩が原因で私は別れる方向には持っていかない!」という軸が定まっているということなのです。

この軸を見てもわかる通り、相手の状況や想いを考えることはなく、「私はどうしたいか」ということだけが刻まれています。

例えば、「彼が○○だったら別れるけれど、そうでなければ別れない」というのは、自分軸ではありません。これは、相手へ一存です。

共依存

相手の出方や行動で自分の意思を曲げることができるのは、自分軸ではないのです。

喧嘩したり、意見交換で衝突したりすると、すぐに迷いが生じるのは軸がない、弱い証拠です。

 

相手の問題は 相手の問題。自分軸が不安定な方の過去の相談例

 

過去の相談者様のお話しで、このようなことを言っていた方がいますので紹介します。

W不倫

「既婚者です。相手の方も既婚者です。W不倫です。ふたりには子供がそれぞれいますが、彼の方はすでに成人されているので、子供に手が掛かることはありませんが、私の方は、まだ学生なのでお金もかかりますし、今すぐに離婚というわけにはいきません。

ですが、我が家はもう夫婦関係は破綻しており子供のことを抜けばいつでも離婚はできますが、今は子供優先で離婚はできません。
気になっていることは、彼はご両親が病弱で、通院もあり、気がかりなのはそれのみ。夫婦の関係は良くはないようですが、私が彼に【一生そばにいてほしい】ということをいっても、あまりはっきりした返事が返ってきません。

ある占い師さんに相談したところ、【彼は運勢的にも先祖代々のお墓を守る運勢を持ちます】と言われました。それって、彼は離婚できないということですよね?
彼は私には決して、「いつか別れる」という言葉は言いませんが、「いつか必ず 幸せにするから」とも言ってはくれません。今だけのつきあいのつもりなのでしょうか?」

という内容のご相談でした。
まず、これは、自分の軸はしっかりしているように見えますが実は定まってはいない悩みの代表になります。

彼の本心はさておきまして、相談者様のこの状況は、「もし、彼が今だけの付き合いのつもりならば、別れる」と言いたいのでしょうか?

それは、「一生そばにいてほしい」と彼への告白に、あまりにも責任のない言葉です。

相談者様の軸はしっかり定まっていれば、彼が何もそれらしいことを言ってくれない状況であろうと、お墓を守る運勢だろうと、それは彼の問題であるので、彼にしかどうすることもできないわけですから、そこをとやかく考える必要はありません。

自分軸のない女性

ご自身が、彼と離れる気持ちがないことが、一生変わらないのであれば、今の彼の状況がどうでも、「連絡くれる。会ってくれる。」それだけも、彼はあなたに会いたいと思ってくれているのだし、今は離れることを考えていないから連絡が来るわけです。

「一生そばにいてほしい」という気持ちに揺るぎがないのであれば、彼が抱えた、しっかりした返事ができない理由も待つことはできるはずです。

もちろん、そこには信頼というものが大事になりますが、信頼できない相手に「一生そばにいてほしい」という言葉は投げられないものです。
(中には、寂しさゆえに、一通り出会った人には、そのような一生をほのめかす言葉を言ってしまう人も存在しますが、それは例外)

 

自分軸とは“私がどうなりたいか”を感じ自分自身を大切にする事

 

つまり「自分軸」とは、自分の意思を貫くことに当たります。

自分の意思

自分の意思をしっかり持つこと。相手や周りの言動でも、変わらない意思を持ち続けることです。

この「自分をしっかり持つこと」がしっかり完成している人は、些細なトラブルにもめげることなく、地に足が着いた状態で冷静に判断でき、決してぐらつくことはありません。

この姿はやがて、周囲の人に対して(恋愛であれば相手に対して)大きな安心と信頼につながることは確かです。

恋愛関係における自分軸は、非常にぐらつきやすいものですが、それは相手のことを深読みしてしまう癖が不安定にさせてしまうのです。

自分軸のしっかりした人たちの恋愛は、喧嘩をよくしても決して離れることはないでしょう。
それはお互いを安心して信じあえるからなのです。

「浮気性の彼。。。数日連絡がないのだけど、またどこかで浮気しているのかな?」
このような相談も多いものです。

 

◆自分軸がしっかりしている人は、軸を安定させるまでに自問自答をしています◆

浮気
【私は浮気性の彼氏は嫌い。】

【けれど、浮気するからもう会いたくないと思えるのか?】

【いや、、別れることはできない。】

【この決断が本心ならば、浮気をされることは嬉しいことではない。好ましくはない。】

【けれど・・・それでも、私は彼とは離れることはできないから、この人の癖だと思って心の中で諦めよう。】

という決断が下されます。

 

「私は浮気の癖を認めたわけではないし、直してほしいと思っているよ」ということもこの方の場合、彼には文句一喝はしていくことでしょう。

ですが、この方は彼が気づくまで、どんなにガミガミ叱っても直らないことは承知しているのですね。

自分が、そんな浮気性の彼だけど、
“そばにいたいと思うのか、もうやめようと思うのか”結論はそこだけです。

 

他人軸(相手軸ともいいます)とは?

 

自分の意思を尊重せず相手の状況を尊重することです。

他人軸で考えるべきときは、相手の環境がわからない場合、「きっと連絡がないのは、忙しいんだろうな」などと、思いやりの心で相手を待てることです。

 

◆面接や冠婚葬祭等では 他人軸で考えた方が良い

余談ですが、面接や葬儀、婚礼などの畏まった席においては、作法や服装は他人軸で考えるようにしましょう。

自分軸で考えてしまいますと、自分がこれでいいと思うから、と決めたものは、もしかすると先方の作法とは異なるイメージであるかもしれません。

面接

面接に行くというのに、時に、ジーンズにTシャツで行かれる方がいますが、「どうせアルバイトだし」という感覚でラフに行かれるのかもしれません。しかし、アルバイトでも常識を重んじた職場では、
社風に合わないと判断されることがあります。

自己判断でなく、この場合には先方の意に合うべき作法を選択してください。

 

◆他人軸で恋愛した場合・・・

他人軸の恋愛

さて、少しそれましたが、常に他人軸で恋愛をした場合。

いつも相手の意見に合わせ、デートの日取り、場所、時間、“すべて相手に合わせることが好かれるだろう”と勘違いする人がかなりいますね。

これは逆です。嫌われる原因に近いものです。

本気で交際したいと思う相手からは、「自分の意思はないのかな?どうでもいいし、どうせ暇つぶしだから、たまたま暇だし合わせてくれるってことかな?」と、相手はテンションが下がります。

予定を合わせるというのは、自分軸をしっかり持ち、
双方の自分軸で歩み寄り、重なった部分を集め、より良いところで結合させるべきです。

しかし、逆に、常に自分軸で恋愛をすると、ただの自分勝手になります。

さきほど述べた、自分軸が自己中心的にならないようにするには、TPOを考え、場面により他人軸を使ったり、自分軸を使ったり、臨機応変に変化させることが重要と言えます。

 

デートの最後の場面では どちらの軸が正解??

 

彼が「送るよ」と家まで送ろうとしてくれたとき、“「まだ帰りたくない」と甘えるほうが、かわいいと思ってくれるだろうな~”と考える女性もいます。

これはNGです。

甘える女性

以前の脳みそのお話しと同じですが、男性はデートのエンディングに入ると、「早く帰って次の仕事に支障がないようにしなくては!」と帰る方向に脳みそが動きます。

ここで、かわいいと思わせたくて出した女性特有の甘え攻撃を行いますと男性は、あ~また始まった・・・と面倒臭くなります。

自分軸で【こう言えばかわいいと思ってもらえるだろう】や、【だってホントに帰りたくない、もっと一緒にいたいの】
という発言は、わがままになるので

1日 楽しんで疲労もある彼は明日も仕事だ、ということを考えデートの終わりは速やかに、且つ、後ろ髪引かれる思いを残しつつ、今日1日を感謝して帰るように心がけましょう。

これが相手軸です。

 

自分軸をしっかり作ることで他人軸も理解できるようになります

 

相手の立場にたって物事を考えることが苦手な人もいれば、自分の意思を伝えることも苦手な人もいます。

自分軸

しかし、大抵は、どちらかが苦手な人は、両方苦手な場合が多いものです。

自分の意思を持たないのは、相手の意思も予測すら立ちません。

トレーニングとして、「人にされて嫌なことは、自分はしない」「相手の立場に立って物事を考える」といった、幼稚園で学ぶようなコミュニケーションの第一歩をもう一度思い返してみてください。

それが大丈夫だったら、次は「自分はどうしたいのか?」を口に出すか、紙に書きだすことができるようになること。

まずは自分軸をしっかり作りましょう。その軸が明確になれば、おのずと他人軸も理解できるようになります。
 悩み多き人は、軸のブレが原因です。

そのブレを無くせば、どんなに大きな問題でも冷静に判断し、自分の意思を貫くことで不安も恐怖も消えるでしょう。

 

♥この記事を書いた占い師のご紹介♥

 

インスピレーションが鋭く スピーディな鑑定と姉御肌な性格が評判の 『神童渓先生の詳細はこちらから』

神童渓先生占術・・・
霊感霊視・インスピレーション・波動修正・四柱推命・オラクルカード・ツインレイについて

by電話占いウィーネ