復縁を望む方へ・幸せになる方法 by神童渓先生

復縁を望むあなたへ

 

別れてから気がつく、、、、彼の、彼女の、大きな存在。。。

失ってからでは遅いことはわかっているけれど、、、、
なぜ、そばにいた時間の中でもっと大切にできなかったんだろう。。。
そう振り返る恋愛って結構多いようですね。

復縁

「終わってからは、美しいことしか残らない」からです。

間違っても二度と会いたくない相手には、美しいものなんて残っていませんから。

なぜ復縁を望むのでしょうか?
なぜほかの人ではだめなんでしょうか?

理由は様々あると思います。
しかし、本当に欲しいのは「復縁したいその人ですか?」「一緒にいた、あの頃」ではないですか?

 

復縁したい!と思っている人の思考には、必ず「思い出」が宿っている

 

もちろん、素敵な思い出が沢山あったから復縁希望されるんです。

しかし、別れてしまった原因には、喧嘩もあるでしょう。
浮気もあったかもしれません。
別れることを決断しなくてはならない理由というのは、いい思い出とはなっていないはずです。

時計

しかし、それでも復縁したいと願うのは、それほどにまで、よかった頃の出来事が常にフラッシュバックしてしまい、新しいパートナーができても、どうしも復縁したいパートナーと比較してしまったりして、結局終わってしまう。。。の繰り返しなのかもしれません。

 

誰とつきあっても、その人のことを思い出してしまってうまくいかない。
なので、私にはあの人でなくてはだめなんだと思う、、から、復縁したい。
そういう結果でもって復縁を希望される方が多いなと思います。

 

執着を捨てて新しい自分になる

 

本気で復縁を望むのなら、復縁したいと思う「執着」から解き放たれることです。
思い出に縛られている状態では、新しいパートナーと出会っても、うまくいかなくなるのは当然のことです。

願い

「あの人だったらこうしてくれた・・・・」
「あの人だったら、こんなときはこう言ってくれた・・・」
「あの人だったら。。」「あの人だったら・・・」

そう思い続けて新しいパートナーと一緒にいても、元のパートナーの影を新しいパートナーと重ねてみているだけで、結局、誰のことも真正面から受け止めていないものなんです。
あなたは、あなたの感情の世界にいるだけのことであって、相手を見ようとしていないことになります。

あなたの中の思い出は、きれいで、美しく、楽しかった思い出だけがクローズアップされているようですが、相手の方はどうでしょうか?
もしかすると、自己満足、思い上がり、だけなのかもしれません。

それをチラッとでも思ってしまうがために、なかなか自分から相手へ連絡してみようという勇気がわかないものですが。。。。
過去の思い出に執着している間は、復縁を願うものですが、執着がない人には、新しい出会いもチャンスも訪れているものです。

ですから、必ずしも、双方同時に復縁を願うことを考えている場面にいないこともありますし、いる場合もあるということです。

 

執着同士の復縁には必ず終わりがやってくる

 

「私も復縁したいとずっと思っていたので、勇気を持って彼に連絡してみました。
すると、彼も復縁を望んでいて、連絡しようかと思っていたと言われ復縁に成功しました!」と、喜びの声・・・・

しかし、このふたりの行方は必ずしも安泰であるとは限らないのです。
なぜ、双方復縁を望んでいた復活愛なのに、なぜそれでも終わりが来るのか?
それは、双方、「思い出の中に縛られていた」だけの場合には終わりが来るのです。

別れ

なぜ別れたのか?という部分に焦点を当ててみましょう。
振り返りと反省の時間です。

別れるということを簡単に切り出してしまうのは、相手への思いやりがないから傷つくことを考えない。本当に相手を思う優しさや思いやりがあるのであれば、簡単に出てくる言葉ではありません

散々悩んだ末、一緒にいても相手のためにはならない事情がある場合。
仕方なく別れる選択をするという思いから別れることを選択することが本当の思いやりのある別れなのです。

喧嘩をして、「こんな奴はもういらない!」などという非情な別れをした場合には、思いやりはありません。

また、前回のコラムにも登場した、「不倫関係」の場合においては、将来的に自分が相手を必ず幸せにしたい。
ふたりで人生を成し遂げたい。という思いが本気であるのであれば、双方の時期を見て婚姻関係にあるものを解消したうえで、ふたりの婚姻を結ぶなり、同居を始めるなり、きちんとした形で迎え入れる責任という形が出てきますが、何年経過しても不倫関係のままであり、別れる話も出ない代わりに、将来的な話も出てこないというのは「ずるさ」に逃げているだけであり、思いやりではありません。

笑顔で別れ

どのような関係であっても、「今、現時点で自分の思っていることを語れること。」は責任につながりますので相手が自分のことをどのように思っているのか?ということは、言葉でしっかり伝わることがあるはずでしょう。

相手の幸せのために別れる選択をした人ならば、再度、関係を修復しようということは当然起きません。

例として「相手が既婚者だったけれど、自分は独身で、このまま関係を続けていてもふたりが将来一緒になることは考えられないと思ったので別れる選択をしましたが、相手がその後、離婚し独身になったことがわかったので、再度修復しようと連絡しました」というものはどうでしょうか?
相手のために幸せにならないと思うから別れたように見えますが、実は独身者にとって都合がよくないから別れたけれど、都合が良くなったので復縁します。という意味です。

本当に良い別れというのは、心から相手の幸せを願うことです。
別れた後にも「元気で暮らしてるかな?幸せでいるかな?」と気にかけつつも、もう自分がどうしてあげることもできないので、どうか「幸せでいてください」と願うこと。
そこには執着はありませんので、あなたも相手の方も、幸せになり、新しい本当の恋愛をみつけることに成功するでしょう。

 

復縁で本当の愛をつかむとき

 

まずは時間がとっても必要です。
そして、願って通じるものではありません。

確かに、「引き寄せの法則」というものは存在する世界ですので、強く念じればやがて思いは届くものですが、復活愛に関しては、執着を捨て新たな自分になり、新たな元パートナーを受け入れることができてこそ、本当の復縁が成功したことになります。
つまり、復縁という言葉よりも、「以前知り合いだった人と、新しい恋愛をはじめた」ということなのです。

引き寄せの法則

もう、以前交際していた頃のような彼、彼女ではなく、何年も経過して考え方、趣味、嗜好も変わり、少し大人になったふたりの新しい門出になるんです。
あの頃は、こういうとき、こんなふうに言ってくれたっけ・・・・という思い出はゼロになっています。

まっさらなパートナーをゼロから見ること、受け入れることができてこそ、本物になっていくものが復縁でもいつまでも一緒にいられる条件なんです。
もちろん、昔のままの変わらない相手であるかもしれません。けれど、まったく同じということはないはずです。

まったく同じだとしても、「過去のままの相手」を見て感じるのではなく、「今現在の相手」として見れていること。
執着を捨てることに成功していれば、願ってもいなかった場面で、驚くような再会のチャンスがやってくることでしょう。

 

絶対不可能な復縁

 

交際期間中に、金銭面のトラブル、貸し借りがあった関係には復縁は不可能です。
負い目がある側は逃げる、これ、鉄則です。どうか、良い恋愛をしたいあなたは、金銭トラブルのない清き交際を心がけてください。

金銭トラブル

金銭トラブルがあっても復縁した人の場合、繰り返します。またお別れがきます。そこに愛がないことに気づいてくださいね。

 

復縁を望む人が多いのは。。

 

執着によって、新しい恋愛がうまくいかないことが多いんだな~とお話を聞いていて感じました。
「あの人でなきゃ、うまくいかない」という決め付けがそもそも違うんですよ。。。
あなたと早く出会いたいと思っている、まだ見ぬお相手は必ずいるのに、勿体無い話です。

復縁

人は人によって成長し、変化していくものです。
3人より5人、10人より100人の出会いがあればあるほど、世の中にはこんな考え方の人もいるんだな~と驚くことばかりです。
そんな中で、人と擦りあって摩擦の中で成長するのですから、次の恋を楽しんだほうがいいはずです。

復縁することをあきらめよう!とは言いません。
しかし、その人にこだわり、その人に縛られている時間があれば、もっといろんな人を見て知ることもいいのではないでしょうか?
自分磨きのチャンスとも言えると思いますよ。

出会いに意味があるように、別れにも意味があります。
出会えたこと、幸せだった時間、すべてにありがとう!と感謝できる気持ちが宿れば、不平不満のない毎日が送れるはずです。

新緑の季節です。皆さんの心にも新しい元気な出会いと心が芽吹きますように。。。。

 

復縁についての記事を書いた占い師のご紹介

 

鋭いインスピレーションによるスピード感のある鑑定でスライド写真のように一コマ一コマご相談者様のフラッシュバッグをみていく
『神童渓先生の詳細はこちらから』

神童渓先生占術・・・
霊感霊視・インスピレーション・波動修正・四柱推命・オラクルカード・ツインレイについて

☆新規会員登録はこちらから

by電話占いウィーネ