出会いの時。自然な声かけでスムーズな人付き合いを byまどか先生

まずは声をかける、そっと相手に近づきましょう

 

新しい人付き合いをすることが増える時期になりましたね
今回は、新しい人付き合いをスムーズに、というお話です。

握手

広い意味で知り合ったお相手と親しくなりたい、穏やかに関わりたい時の最初のステップ、それが、声をかけることです。

会話にならなくても声をかける、「こんにちは」、「お疲れ様です」、程度の声かけで十分です。
お相手に聞こえる程度の普通の声のトーンで、声をかけてみましょう。
憧れの人や声をかけずらい立場の人などの場合は、そっと会釈をするだけで十分です。
まずは、そっと自分から相手に近づいていきましょう

 

ポイント1・和やかに関わることを大切に

 

親しくなりたい、トラブルなくやっていきたいと思うと、何もしないで待とうとか、しっかり準備して関わろうと思うこともあるかもしれません。

それを 敢えて様子を見て声かけをしましょう、とお伝えしてるのはなぜか?

笑顔であいさつ

それは、新しく親しくなりたいお相手だけではなく、周囲の人からも「感じのいい人」になりやすいからです。

親しくなりたい人だけではなく、関わる人たちに自然な好感をもってもらうこと。
まわりの人たちと和やかに関わることで、親しくなりたい人とも和やかに近づいていくことができるようになると思いますよ

 

ポイント2・和やか、を作ろうとしなくていい

 

皆さんの中には、「自分はまわりの人たちが和んでくれるような性格じゃない」とか「場を和ませるなんて難しい」と思った方…特別なことをしなくても大丈夫です。
親しくなりたいお相手と、その場にいるまわり人たちにさりげなく声をかける、力を入れずに挨拶をする、それだけです。

仲良くなりたい人

その先の雰囲気作りや会話のつなげ方に悩む必要はありません。

できるだけ最初の1ヶ月半くらいは、関係を見える形で進展させず様子を見ましょう。
当たり障りのないやりとりでも、時間をかければ少しずつ相手の印象も変わり、どんな人かも分かるようになってきます。

その頃には、親しくなりたい人が変わっていたり、増えているかもしれません。
最初に親しくなりたかった人と親しくするかは、その後ゆっくり考えればいいのです。

 

ポイント3・最初に親しくなりたい人を決める理由

 

今回は、特定の誰かと親しくする方法ではなく『人付き合いをスムーズに』というお話です。

それなら、親しくなりたい人とか決めなくても、何もしないでトラブルなく過ごせばいいんじゃない?と思う人もいるでしょう。そう、何も変わらなくていいなら、まわりに合わせてトラブルを避けるだけでもいいのです。

けれども、新しい環境で今よりいい関係をと願うなら、まわりに雰囲気を作ってもらうのではなく、自分から和やかな空気を作ることが大切です。

距離を縮める猫

自分から雰囲気を作るなら、この人と親しくなりたいといった、目的がある方がスムーズに動けるから、この人と親しくなりたい、と決めておくと楽ですね。そうすることで、周囲への気疲れで何もできないとか、人と関わるきっかけがないというストレスを減らすことができます。

最初に自分から雰囲気を作れたら、あとは合わせるだけ。
皆様がまわりから浮いてしまうようなリスクも抑えられます。

できあがってる雰囲気を途中から変えるより、少しの声かけでご自身が雰囲気をいつのまにか作っておく方が楽なのです

 

最後に・・無理しないで、できることを少しやっていきましょう

 

やればできるかというと、大人になると難しいことも・・
ただ、何もしなければ何も始まらないのも事実。

桜

皆様はすでにこのコラムを読んでくださってます。何もできなくなんかないのです。
人付き合いは、無理を重ねてもなかなかスムーズにいかないもの。

だからこそ、ちょっとした声かけでストレス少な目に、新しい人付き合いを有意義で温かい出会いにしてみてください。

なかなかうまくいかないな、と悩んでしまったら、一人で抱えずに声をかけてくださいね。

皆様が新しい生活に穏やかで明るい一歩を踏み出せることを願っています。

 

♥この記事を書いた占い師のご紹介♥

 

おっとりとした口調で お話していくうちに心が落ち着く&タロットが当たっていると評判の『まどか先生のプロフィールはこちらから』

by電話占いウィーネ