金運のない顔の特徴と金運アップのお財布とは? by冷泉先生

金運について

 

金運・・・やはり皆様ダイレクトに気になりますよね?

金運

とある鑑定の中で、こう訊ねる機会がありました。
「なぜ、こんなにお金が出てゆくのですか?」
運命の設計図を見ると、結構大きな額で散財していらっしゃるようだったのです。

それと、この方のお顔に特徴的なサインが出ていました。

その方曰く・・・。
「よく分かりましたね・・実は慰謝料で・・・ごっそり持っていかれましたよ・・」と・・。

金運の流れは2室で見ます。
ここにトランジット(経過円)で木星が入っていました。
なので、大きく動くと・・設計図上から読んだ次第でした。

そして、これが受験生を抱えている親御さんだと・・・
公立の第一志望に受かりますか?との問いに・・こう答える事になります。

「お金が大きく動くと出ています・・・なので公立ではなく私立に入られるのではないでしょうか?」

実際に、同ケースの鑑定依頼で、そう読んで公立にご縁が無く私立に入られたケースもありました。

 

顔にあらわれる金運低下のサインとは?!

 

さて・・先の方のお顔の特徴ですが・・・。何を見てそう思ったかと言うと。

です。

鼻は、やはり金運に特化しますので、しっかりとしたお鼻の方は蓄財運や、不動産運が最初からあるのですがやはりそれに胡坐をかいているだけでは、目減りしてゆきます。

鼻(金運)

お金が出てゆく時は、鼻の頭が赤くなるのです。
私なども鼻の頭が赤くなると「うっ!!鼻がっ」と、絶句するのですが・・・こればかりは避けようがありません。
抗生剤の軟膏を塗ったり、鎮静効果のあるラベンダーを塗ったりと、早く沈めようと足掻くのですが・・・大抵、予想外のふいの出費に見舞われます。

反対に、お金が入ってくるサインも当然あります。
それは、鼻の天辺がつややかに光っているのです。
わざわざ、油を塗りこむ方もいらっしゃると、顔占いで有名な先生が仰っておられましたよ。

と・・・ここで鏡を見てみます。
多少光っているけれども、出来物が出来て薄赤い。
入ってきても、出てゆくのですね・・・。

 

お金の住かである「お財布」を新しくするときの手順は?

 

諭吉さん・・・・・。

一万円札

諭吉さんのマンション・・・即ちお財布の事なのですが・・・。

これもまた、色々なお作法があるようですね。
お金が出てゆかないようにお札を逆さまに入れるとか・・・。
私自身は、これは余り推奨しません。
向きを揃えて、通常の入れ方をしています。

それよりも、新しいお財布を使う時には下準備が必要になります。

 

●●●新しいお財布をむかえる下準備のポイント●●●

【1】すぐには使いません。
今使っているのは、前回のものより大分働いてくれます。

【2】前回よりも下準備を入念にしましたから・・。色にも、意味合いがあります。
これの前は、クロコの緑でした。緑はそれなりに金運がいいのですが
私の力不足から回らなかったようです。

風水(茶色の財布)

現在は、ベーシュのクロコです。
ベージュや茶色は蓄財の意味合いもあります。また棚ボタ運を狙うならピンクがお勧めです。

【3】新しいお財布が来ましたなら、まずそこに諭吉さんを大量に入れます。

お財布風水

お財布に、自分は50万円のお財布とか、100万円のお財布だよと認識して貰うためです。

諭吉さんが足りない場合は、後ろと前だけ揃えて、中身は新聞紙でも可です。
ライフメイキングでお話しておりますが、未来は少しばかりお馬鹿さんですから、大丈夫。
これで充分通用します。

【4】最低9日・・・北の方位で暗い所で眠らせます。

コンパス

今回はどの位眠らせましたでしょうか?
覚えておりませんが、一月位だったか・・・。
使い始めは一粒万倍日や、虎の日、新月から・・などで良いでしょう。

【5】小銭とお札は別々です。
昔は(20年くらい前・・)一緒でした。
当時は、ヴィトンのタッシリイエロー(これは荒れました)出てゆくのも多かったです。

レシートも入れっぱなしにしない事。この辺を押さえていれば、大分頑張って働いてくれますよ。

 

春の財布は張る財布

 

もう新緑の季節ですが、春の財布は張る財布と言って春先に買い替えの方もいらっしゃるようですね。

春の財布

お財布の寿命も3年と言われていますが、緑の財布は8年は越えていましたね・・・。
余り、神経質にならない程度で取り入れられる物を、取り入れる位でよいかと思います。
思い出したなら、宜しければ参考にしてみてくださいね。

 

♥金運についての記事を書いた占い師のご紹介♥

 

テキパキとした鑑定で霊感、タロット、易、星占い、アストロダイスなどを的確に使い分けて的中率が高いと口コミの多い『冷泉先生の詳細はこちらから』

by電話占いウィーネ