オレンジチャクラを輝かせトラウマ解消!気持ちのリセットをby藤先生

オレンジチャクラでトラウマを解消する方法

 

藤です。あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今回も前回に引き続きチャクラを輝かせて生き生きと人生を歩んでいく!

オレンジチャクラ

第二チャクラオレンジでショックや、トラウマを解消して輝く毎日を生きるヒントを、お伝えいたします。

まず、チャクラとは

チャクラとは ヨーガ(ヒンドゥー教の)では
頭部・胸部・腹部などにある 円や車輪のように光っている部分の事を言います

全身のチャクラ

身体の、足の部分から頭頂まで、下から

● レッド(ベースチャクラ)
● オレンジ(第二チャクラ)
● イエロー(太陽神経叢)
● グリーン(ハートのチャクラ)
● ターコイズ(アナンダカンダセンター)
● ブルー(喉のチャクラ)
● ロイヤルブルー(第3の目)
● バイオレット(クラウンチャクラ)

代表的にはこのような7色と言われています。

オレンジチャクラには どんな効果があるの?

オレンジは、背骨の仙骨の辺り腹のチャクラを表しています。

よく腑に落ちる、腑に落ちないと言う言い回しをしますが、モヤモヤしていたり、不安や辛いことが、いつまでも頭でぐるぐる回り腑に落ちなく、
落ちつかない時がありますよね?

オレンジチャクラ

それが何かに気づき、腑に落ちると胸がすっとしますよね?
この感覚が、オレンジ第二チャクラの感覚を、一番感じられる時だと思います。

ショックやトラウマ体験もこのように気づき自分で腹に腑に落としこむと
完全にネガティヴな記憶を手放していくことができるのです。

そしてレッドのベースから手放してエネルギーに変え生きていくのです。

2016年は始まったばかり!オレンジチャクラで気持ちをリセット

このコラムは年始のコラムになっています。
ですから、新しい1年の始まりはトラウマやネガティヴな記憶がない状態から始められるとベストですよね!

では、簡単に腑に落とすと言っているが
そんな簡単にトラウマって消えるの?って思いますよね?

消えるんですよ

ではどうしたら?

それは、やっぱり「気づいていくこと」なんです。

見たくない、感じたくない、怖い、不安。これがオレンジ第二チャクラに隠された感情です。

ネガティブな感情イメージ

これがあるから感情に蓋をしてしまいます。
偽ったり、誤魔化したり、隠したり感情はどんどん嘘に、隠された状態になっていきます。

よく子供が嘘をつくとお腹が痛いと言いませんか?

あの状態が大人にも起こるのです。
それは腸の調子によく出ます。

排便が出にくい、逆に出すぎてしまうなどランスが崩れているのはサインです。

感情は隠すと、どんどん怖いもののように感じられていきます。
そこにオバケはいないのに、まるでオバケがいるように感じたり…
それは本当に怖いものかもしれませんが、幻想という事もあります。

隠せば隠すほど、恥が自分の中で拡大し 恥が自分を支配し始めます。

こうなると、ショックやトラウマは強固になり強まり、確固たるものになり、手放すのが難しくなってしまいます。

こうなった後でも前でも、あなたが手放したいと本当に願ったときに願いは叶います。

まずは、第二チャクラオレンジの回転が停滞している場合は、先ほど書いたように腸にでます。
腸は第二の脳ともいいます。
この腸がバランスを崩すと色々な病の原因になります。

感情も腸で感じるという説が最近よく言われていますよね!
腸内細菌のバランスが崩れると鬱になるなんて話も

今は冬ですから、手軽にオレンジが摂れます。

みかん
そう、みかん!
も冬にビタミンをとれる素晴らしいパワーフードですね!

オレンジは 喜びの色!輝かせましょう

オレンジといえば太陽など明るい色喜びの色です。

オレンジチャクラ

ピンクのチャクラ(生殖器のチャクラ)に近く性的欲求の解放も、この第二チャクラの象徴です。
喜びによる解放があれば、トラウマはあっという間に消えてしまいますよね。
それにはまず第二チャクラのオレンジを、輝かせましょう。

手軽にとれるパワーフードで、色のエネルギーを補いながら、自分の深い感情に気づき感情に蓋をしないで手放していくのです。

1人でできる方は、深く瞑想して気づいていくこと。
もし1人でできない場合は、信頼できる人やここの占いの先生に打ち明けるのも良いでしょう。

2016年皆様の人生が素晴らしく幸せで豊かでありますように。
祈りをこめて

新年の挨拶

ではまたコラムやお電話でお会いしましょう。
今年もよろしくお願いいたします。

 

♥この記事を書いた占い師のご紹介♥

 

神秘的なメッセージと落ち着きのある性格で いつもと違う感覚になれると評判の

藤先生の詳細はこちらから