ピンクチャクラを高めて愛情運アップ♪ by藤先生

ピンクチャクラは愛のチャクラ 自分を認める力があります

 
前回からご好評をいただいているチャクラを輝かせ、イキイキと人生を、歩んでいくヒントをご紹介いたします。
まずは、おさらい。

チャクラとは ヨーガ(ヒンドゥー教の)では
頭部・胸部・腹部などにある 円や車輪のように光っている部分の事を言います

全身のチャクラ

身体の、足の部分から頭頂まで、下から

● レッド(ベースチャクラ)
● オレンジ(第二チャクラ)
● イエロー(太陽神経叢)
● グリーン(ハートのチャクラ)
● ターコイズ(アナンダカンダセンター)
● ブルー(喉のチャクラ)
● ロイヤルブルー(第3の目)
● バイオレット(クラウンチャクラ)

代表的にはこのような7色と言われています。
 
 

ピンクチャクラ  そのエネルギーとは

 
 
レッドとの違いを、まずご紹介いたします。

ピンクチャクラ
レッドは足全域を示し、ピンクはちょうど子宮の部分にあたります。

生み出す場所であり、育む場所とても大切にする場所。
男性では、ちょうど丹田の場所に当たるのではないでしょうか。

女性には月経がありますので、月のエネルギーとも深く関わる場所。

ピンクの色をイメージしてどんな感覚を味わいますか?
少し苦手な感覚がある方は、愛に苦い経験が、あるのではないでしょうか?ピンクは愛のエネルギーです。

自分のセクシャリティ(男性である事、女性である事)を認める為に、必要なエネルギーと言われています。

自分はあるがままの自分でいいという自己受容のエネルギーです。
 
 

ピンクを生活にとれいれて愛情運をアップしてみましょう

 
 
さぁこのピンクをどう生かすかで人生の豊かさは格段に変わる事を、ここまで読んでいただければわかると思います。自己受容は基礎となる事です。

自分を愛するからこそ、人を愛する事ができます。
自分を真に受け入れてこそ、人の真の部分を受け入れる事ができます。
そこから人間関係は始まるのではないでしょうか?

ピンクが苦手な方にこそお試しいただきたいです。

ピンクの靴

ピンク色の服を、纏ってみてください。どんな形でも構いません。

携帯カバーや手帳など、持ち歩くものをピンクにしてみましょう。

派手な色ではなく桜色のような淡い色合いなら、ピンクに慣れていない方もチャレンジする勇気がでると思います。

寝室にはローズのアロマを焚いてみたり冬ならベッドカバーをピンクにしてみたり愛を自分で自分に与える練習にもなります。

愛を奪ったり、無理に求めたりする必要がなくなれば、自然と本物が自分の元へやってくるはずです。

 

●●●ピンクを取り入れ 結婚へ・・実際にあった体験談●●●

実際にピンクが苦手だと言うボーイッシュな女性がいらっしゃいました。
彼女は、過酷な幼少期を過ごし「結婚はしない!女に見られたくない!」と突っ張っていました。
私が彼女にプレゼントをあげました。

それはピンクのストール
それから彼女のイメージに変化がありました。
柔らかいピンクのストールを纏う彼女は女性らしく 言動や行動に変化が…
「スカートを絶対に履かない!メイクもしない!」
そんな彼女がメイクに興味を持ちスカートを履きとても成熟した美しい女性に、なっていきました。

結婚

そして彼女は、去年結婚をしました。

結婚式で彼女が、涙を流し「ありがとう」という言葉に私の方が感動した事今でもありありと思い出します。
 
 

最後に精神面の豊かさをアップする薔薇の呼吸をご紹介

 
 
ピンク色の香しい香りのする薔薇が、目の前にある事を想像していきます。

ピンクチャクラ(バラ)
その香りを胸いっぱい吸い込んでいきます。

肩の力を抜いてリラックスしてその香りを堪能してたくさんの愛のエネルギー、ピンクが身体に流れ込んでくることを、イメージしていきます。

自分の身体の子宮、または丹田に意識を向けていきます。
そこに車輪のような回転する光をみつけます。

その車輪がピンクの薔薇の、美しい香りとエネルギーで浄化されキラキラと輝きだすのを感じていきます。

オフィスの休憩や、寝室で寝る前に美しいイメージで就寝するのもお勧めです。

今回はここまで、また次回も楽しく役立つ記事をかけますように
読んでいただきましてありがとうございます。
 
 

♥この記事を書いた占い師のご紹介♥

 
 
愛のあるメッセージが深く 気がつかなかった事に気づかせくれると好評の藤先生の詳細はこちらから